ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー

何万という“ビリーバー”たちに支持されるティーン・ポップの天才は、アーティストとしての進化を続ける。

pop, Biggest Fans, EMA veterans

ノミネート

  • Best Canadian Act

  • 最優秀楽曲賞 'Sorry'

  • 最優秀男性アーティスト賞

  • 最優秀ポップ賞

投票ありがとうございます!

Video: Company

トリビア

出身: カナダ オンタリオ州

デビュー・リリース:「My World EP」(2009)

ブレイクのきっかけ:Youtubeにアップしたカバー曲がアッシャーの目にとまり、後に音楽的師匠となってくれたこと

最大のヒット曲: 「ボーイフレンド」(2012)

注目のコラボ:リュダクリスとの「ベイビー」(2010)

栄光の軌跡: デビュー・リリースから7曲のビルボード・トップ100チャート入りを果たした最初のアーティスト

EMAノミネーション:2010年 最優秀新人賞、2011年 No.1ファン賞/ベストアクト賞(北米)、2012年 No.1ファン賞、2013年 No.1ファン賞/最優秀ポップ賞/ワールドワイドアクト賞、2014年 No.1ファン賞

EMA受賞歴:2010年 最優秀“MTV PUSH”賞、2010年〜2015年(!)最優秀男性アーティスト賞、2011年〜2012年 最優秀ポップ賞、2012年 最優秀“MTV WORLD STAGE”賞、2013年〜2015年 ベストアクト賞(カナダ)、2015年 No.1ファン賞/ベストルック賞/最優秀コラボレーション賞/ワールドワイド・アクト 北米

EMAにて披露:2011年 「君とホワイト・キス」/「ネヴァー・セイ・ネヴァー」、2015年「What Do You Mean」

EMA出演歴:2010年 デジタル・ホスト

豆知識: ジャスティンはツイッターのフォロワー数が最も多いアーティストとしてレディ・ガガを抜いた(その後、ケイティ・ペリーに抜かれた)

人気のポイント:童顔のティーンとして登場し、国際的なスーパー・スターに進化したこと。