べべ・レクサとは?

べべ・レクサとは?

EMA の最高のホステス、べべ・レクサについて知ろう!

ema news

みんなが知っていて大好きな、沢山のポップ・ソングに貢献してきた謙虚な彼女. べべ・レクサの特徴的なヴォーカルは、G-Eazy の「Me Myself & I」の中で、彼のラップと共に聴いたことがあるのではないだろうか。   また、数年前には、2014 EMA で最優秀楽曲賞にノミネートされた、エミネムリアーナの「The Monster」も共同で手がけている。他にも、「Hey Mama」でデヴィッド・ゲッタニッキー・ミナージュとタッグを組み、ティナーシェセレーナ・ゴメスイギー・アゼリアなどの楽曲に関わっている。  基本的に、彼女が触れるものは全て宝石のようなポップ・ラップになる。 

彼女は、15歳の時に作曲賞を受賞している。 べべは幼い頃から音楽業界で働きたいと感じており、10代の頃には真剣に作曲に取り組むようになった。  彼女は、ナショナル・アカデミー・オブ・アーツ・アンド・サイエンスが主宰するニューヨーク「グラミー・デー」コンペに出品し、最優秀ティーン作曲賞を受賞している。

彼女は、ニューヨーク育ちのアルバニア人である。 べべの両親はアルバニアからニューヨークへ移った移民で、彼女は、1980年代にニューヨークに生まれる。  彼女が生まれた時の本名は、ブレタ・レクサ。  ブレタは、アルバニア語でクマンバチを意味するので、べべは、ちょうど良いニックネームということになる。

彼女は、チョーカーが大好きである。  ほんの数分、べべのインスタグラムをのぞいてみれば、どれほどチョーカーが好きか、すぐに分かるだろう。  彼女が90年代のアイコン的なアリーヤやTLC、ブリトニー・スピアーズなどにインスパイヤされていることを考えれば、彼女のチョーカー好きも納得だろう。  ヒント:べべは、 面白いチョーカーを求めてニューヨークのチャイナタウンをうろつくことで知られている。
 

べべ・レクサ (@beberexha)

 

べべ・レクサ (@beberexha)

 

べべ・レクサ (@beberexha)



彼女は、ニック・ジョナス、エリー・ゴールディングとツアーをしたことがある。. 2015年には、ニック・ジョナスのツアーのU.S.部分において、オープニング・アクトを務めた。  そして今年、エリー・ゴールディングの「Delirium」ツアーに参加し、エリーのファンたちの前でべべと彼女の驚くべき声帯が紹介れることになった。 EMA でのべべのパフォーマンスが、実に待ち遠しい!